知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. >
  6. CSPプログラムについて

CSPプログラムについて

制度比較表へ

米国と韓国とは、Collaborative Search Pilot Program(CSP)を2015年9月1日から2年間の予定で開始しました。これは、互いの特許庁での調査結果を活用して安定した権利を早期に得るプログラムであり、出願人が両国に申請する必要があります。申請条件は下記の通りです。
①両国の出願が同じ優先日を有していること
②優先日が2013年3月16日以降であること(post-AIA)
③両国での出願審査が開始されていないこと
④クレーム数が20以下で、独立クレームが3以下であること
⑤両国のクレームが一致すること
⑥韓国でのCSP申請は、一つのUS出願に基づくこと
⑦単一性を有していること
⑧多項従属クレームが含まれていないこと。
(USPTOのホームページ)
http://www.uspto.gov/patents-getting-started/international-protection/collaborative-search-pilot-program-csp
なお、日本と米国とは、同様のプログラムを2015年8月1日から開始しています。
(日本特許庁のホームページ)
http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150521001/20150521001.html