Service Guide

業務内容

02意匠

意匠制度とは?

物品の形や色、模様など「物のデザイン」を保護するため、意匠出願をして所定の要件(意匠法第3条など)を満足した意匠に対して独占排他権(意匠法第23条)が与られる制度です。独占排他権が付与されると、出願日から25年間、当該意匠を独占的に実施することができます。

意匠権取得のメリット

守り

  • 自社デザインの独占実施
  • 他社による模倣出願の防止
  • 自社デザインのアピール

攻め

  • 他社の模倣デザイン防止
  • 侵害に対する差止請求(※1)、
    損害賠償請求(※2)、
    信用回復措置請求(※3)
  • 他社の市場参入の抑止
  • (※1)侵害品の販売中止・回収や製造設備の除却などを請求することができます。
  • (※2)侵害によって生じた損害賠償金を請求することができます。
  • (※3)侵害によって特許権者の信用が損なわれた場合に、謝罪広告の掲載などの措置を求めることができます。

その他

  • ライセンス料等による収益向上
  • 海外展開

業務内容

表は横スクロールできます

[ 内内業務 ]

日本のクライアントによる
日本国内での手続のサポート

[ 内外業務 ]

日本のクライアントによる
外国での手続のサポート

[ 外内業務 ]

外国のクライアントによる
日本国内での手続のサポート

[ 外外業務 ]

外国のクライアントによる
外国での手続のサポート

出願関係

  • 意匠出願案のご提案
  • 意匠図面及び願書の作成
  • 権利化に至るまでの諸手続
  • 意匠出願のご提案
  • 各出願国の代理人選定のサポート
  • 外国のプラクティスに沿った意匠図面及び願書の作成・翻訳
  • 権利化に至るまでの諸手続
  • 日本のプラクティスに沿った意匠図面及び願書の作成
  • 権利化に至るまでの諸手続
  • 意匠出願のご提案
  • 各出願国の代理人選定のサポート
  • 外国のプラクティスに沿った意匠図面及び願書の作成・翻訳
  • 権利化に至るまでの諸手続

権利化後

  • 無効審判
  • 審決取消訴訟
  • 侵害訴訟
  • 各種鑑定
  • 外国での無効審判・侵害訴訟・鑑定のサポート
  • 無効審判
  • 異議申立
  • 審決取消訴訟
  • 侵害訴訟
  • 各種鑑定
  • 外国での無効審判・侵害訴訟・鑑定のサポート

実績紹介

意匠権取得までの流れ

1

意匠出願案のご相談・面談部分意匠や関連意匠の提案 部分意匠や関連意匠の提案

2

意匠図面及び願書作成担当弁理士による品質チェック 担当弁理士による品質チェック

3

意匠登録出願担当弁理士以外の弁理士による書式チェック 担当弁理士以外の弁理士による書式チェック

4

拒絶理由通知対応有効な権利化のための提案 有効な権利化のための提案

5

登録査定

6

登録料納付

7

意匠権発生

8

権利化後のサポート年金管理、無効審判対応等 年金管理、無効審判対応等

Service Guide

02

意匠

の特色

意匠専任の弁理士が担当し、かつ、意匠図面を所内で作成しているため、急ぎの出願依頼等に対しても、迅速かつ的確に対応することができます。
また、他社の模倣やコストも意識したうえで、出願形式のご提案や図面作成を行います。
さらに、外国意匠制度にも精通しているため、国内での権利化だけでなく、必要に応じて外国での権利化までの一連の手続をサポートします。
侵害品が輸入されようとしている場合の水際での差し止め(税関長への差止申立)のサポートも可能です。