知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. /
  6. /
  7. >
  8. 「専利法の一部を改正する法律」が立法院にて可決・成立(台湾)

「専利法の一部を改正する法律」が立法院にて可決・成立(台湾)

制度表 [ 特許意匠 ]

2019416日に、「専利法の一部を改正する法律」が立法院にて可決・成立しました。この改正のポイントは以下の通りです。

 

1.意匠権の存続期間が、出願日から15年(現行法では12年)に延長されました。

 

2.特許出願及び実用新案登録出願における、特許(登録)査定後の分割出願可能時期について、以下の点が変更されました。

 

・分割出願可能期間が、特許(登録)査定書の送達日から3ヶ月に変更されました(現行法では30日)。

・特許出願について、再審査段階での特許査定後の分割出願が可能となりました。

・実用新案登録出願について、登録査定後の分割出願が可能となりました。

 

3.実用新案権の設定登録後に訂正の請求がされた場合に、実体審査が行われるようになりました。一方、訂正の請求が可能な時期が以下の3つに制限されました。

 

・無効審判の係属中

・技術評価書の請求から技術評価書が作成されるまで

・侵害訴訟等の係属中