知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. >
  6. 2016年4月1日からベトナム・日本間でPPH試行プログラム開始

2016年4月1日からベトナム・日本間でPPH試行プログラム開始

制度比較表へ

2016年4月1日からベトナム国家知的財産庁(NOIP)は、日本特許庁(JPO)との間で特許審査ハイウェイ(PPH)パイロットプログラムを開始しました。PCTベトナム国内移行出願を含むベトナム特許出願であって、(1)日本出願(特許出願のみ)に基づくパリ優先権を主張している出願、(2)パリ優先権を主張せずにJPOに行った国際出願(ダイレクトPCT出願)のベトナム国内移行出願、又は(3)ダイレクトPCT出願に基づくパリ優先権を主張している出願が、対応日本出願が許可可能と判断されていることを条件に、NOIPにおける本プログラムの適用対象となります。また、複数の日本出願又はダイレクトPCT出願に基づく優先権主張出願や、上記条件を満たす出願からの分割出願も適用対象です。ただし、参加申請時にNOIPがすでに審査に着手していた出願は対象外となります。NOIPでは、3年間、各年100件に限定して試行予定です。