知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. >
  6. 欧州特許庁における審査ガイドラインの改訂(2018年11月1日発効)

欧州特許庁における審査ガイドラインの改訂(2018年11月1日発効)

制度比較表へ

 欧州特許庁(EPO)の審査ガイドライン(Guidelines for Examination)が改訂され、2018年11月1日から施行されます。今回の改訂(2018年版)は、
パートAからパートHの全てのパートに及んでおり、主な改訂内容は以下に関するものです。

 ・コンピュータ関連発明(Computer - Implemented Inventions(CII))
 ・発明の単一性(Unity of Invention)
 ・口頭審理(Oral Proceedings)
 ・異議申立手続(Opposition Proceedings)
 ・明細書や請求項の記載要件等に関する事項

 特に、コンピュータ関連発明(CII)に関して大幅な改訂が行われており、CIIに関する具体的な事例が追加されています。実務の参考になると思われます。
 例えば、CIIが分散コンピューティング環境(Distributed Computing Environment)に置かれた複数の構成機器を含む分散システム等である場合に関して、当該分散システム等を請求項に記載する際の例が追加されています。
 また、CIIが数学的方法を含む請求項である場合に関して、特許性評価の明確化を図るための説明が追加されています。例えば、人工知能や機械学習に関する請求項、シミュレーションやモデリングに関する請求項等について、特許性評価の明確化を図るための説明が追加されています。