知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. /
  6. /
  7. /
  8. >
  9. バーレーン、付加価値税(VAT)導入へ

バーレーン、付加価値税(VAT)導入へ

制度表 [ 特許意匠商標 ]

湾岸協力会議(GCC)加盟国であるバーレーンの議会は、2018年10月7日に付加価値税(VAT)導入法案を承認しました。これにより、バーレーンでは、2019年1月1日にVATが導入される見通しになりました。VATの税率は5%で、商品やサービスに適用され、現地代理人の手数料にも適用されます。GCC加盟国のうちVATを導入するのは、2018年1月1日に導入したUAE、サウジアラビアに続いて、バーレーンが3カ国目です。

なお、GCCのVAT統一協定によれば、GCC加盟国はVATに関する独自の国内法を制定することが期待され、詳細なコンプライアンス要件や一連のルールについては、各国の法律において概要が示されることになります。他のGCC加盟国であるオマーン、クウェート、カタールもバーレーンに続いてVATが導入される予定です。