知財ニュース

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. >
  6. アルゼンチンの加速審査について

アルゼンチンの加速審査について

制度比較表へ

アルゼンチンでは、2016年10月15日以降、外国特許庁で特許査定を受けたクレームと同等のクレームに基づき、加速審査を請求することが可能になります。
要件は、(1)10月15日までに審査が開始されていないこと、(2)特許査定を受けたクレームと同等のクレームで審査が完了すること、(3)申請クレームは、許可クレームと同一又は権利範囲が狭いクレームであること、(4)新規性や進歩性を否定する国内先行文献が無いこと、(5)主題が国内特許法に基づき特許性を否定されないこと、となっております。加速審査が請求されると、60日以内に回答が出される模様です。