意匠制度比較表

  1. HOME
  2. >
  3. 知財ニュース
  4. >
  5. 意匠
  6. >
  7. 制度比較表
3か国まで表示できます
  • 主要各国
    • 日本 (JP)
  • 国際機関
  • アジア
  • 北米
  • 南米
  • 欧州
  • オセアニア
  • アフリカ
    • 準備中
各国における意匠制度の比較表を掲載しております。海外での意匠権取得をご検討の際にご活用下さい。
項目 日本 (JP)
概要
制度の特徴
手続言語 日本語
パリ条約
WTO協定
ハーグ協定
ロカルノ協定
パリ条約
優先権主張に必要な書類 優先権証明書
上記項目書類の提出期限 出願日から3ヶ月以内
出願
必要書類 ・願書
・図面又は写真
・委任状
出願公開制度の有無 ×
新規性喪失の例外規定 出願日前6ヶ月
※意に反する
※自己の行為に起因
特有の制度
多意匠一出願制度 ×
部分意匠制度
関連意匠制度
秘密意匠制度
※登録日から最大3年
組物の意匠制度
※経済産業省令で定めるもの
審査
実体審査の有無
主な登録要件 ・新規性
・創作容易性
存続期間
存続期間 登録日から20年
登録更新 4年次より、年金の支払いが必要
更新日 2015.10.30

※ハーグ協定の項目中、「G」はジュネーブアクトに加入していることを示し、「All」は、ロンドンアクト・ハーグアクト・ジュネーブアクト全てに加入していることを示す。